斉藤実の休息

読んだ本の感想や出かけた場所、作ったものなど、自分が楽しいことを書きます。

100均に行く

久し振りに100均に行って、工作のキットと文房具を買いました。これでしばらくの間遊べそうです。また今回は購入を見送りましたが、ポトスの植え替え候補の鉢を見てアバウトなサイズ感を確かめたりするなど、いい時間を過ごせました。

とても楽しかったのですがやっぱり人が多く、ソーシャルディスタンス維持のためレジ待ちの列がすごく伸びていて疲れたので、しばらくは行かないと思います。

服を買った

ユニクロでセールをしていたのでまとめて買いました。仕事の日に服を選ぶのが面倒なので同じ服の色違いをいくつか選び。上手に着れば秋冬も着回せそうなので、とても満足しています。

コロナの影響を受け、休日もしばらくは人目を気にする予定が減ってしまったので、今年の夏の私服は特に買い足さない方向で行こうと思います。

そしてさらなる制服化促進のため、今後は履きやすくて無難な靴を1足買おうと、現在いくつか目星をつけているところです。着飾る頑張るなファッションは苦手ですが、考えず無難に着回したいファッションのことを考えるのは何か楽しいです。

戦姫絶唱シンフォギアXVを観終わった

放送当時に毎週録画したものを観ていたのですが、何かの事情で7話だけ録画できず、今日までずっと放置していたのをアマゾンプライムで一気に観ました。

 

XVはシリーズの5期にあたる作品ですが、私がシンフォギアを観始めたのは4期からで、どういう経緯で奏者みんながS.O.N.Gで戦っているのかも、実はよく知らずに観ています。良く知らないけどキャラは可愛いし、自分の好きな物である歌とアニメが一緒に楽しめるというのが嬉しいし、変身シーンはカッコイイし、登場人物全員の語彙というか言い回しも何か面白い。そして弱小メンタルにとって負担にならない、現実と程よい距離感のあるポジティブさ・熱血具合も好きです。あと、悲しい別れはあるけどそこにはいくらか救いもあって、希望のある終わり方をするところも。

 

そもそも自分は1つのことを最後までやり通さず挫折してしまうことが多いので、最後まで観ることができてちょっとした達成感を得られました。直接現実の役には立たないはずなのに、何だか自分に少し自信が持てた気がします。成功体験とはこういうものか。ゆっくりでいいので、今後は1期から観ていきたいと思います。

ポトスが育ってきた

3月中~下旬、新しいバイト先が決まった喜びに任せて近所のスーパ―で買ったポトスがスクスク育っています。取りあえず水は土が乾くまでやらず、風通しを良くするために窓は開けて、日当たりの多少ある窓辺に置いて、たまに霧吹きなんかして。

園芸サイトでポトスは簡単に育つと解説されていましたが、だからと言って全く気を遣わなくてもいいわけではないという、当たり前のことを体感しています。

他にも、真夏は日差しが強いからいったん室内に下げようかな、とか、来年の今頃は植え替えして肥料もあげてみようかな、とかちょっとした時に色んなことを考えます。新しく増えた葉や大きくなった葉をぼーっと観察するのも楽しいです。これぞ癒し。

結構楽しいので、新しい植物を育てることも考えています。観葉植物もいいですし、カイワレレベルの簡単な野菜栽培も良いかもしれません。

毛を整える

元々大して働いていなかった私ですが、コロナで出勤がさらに減り、ゴールデンウィークを完全に自宅で引きこもっていたところ、眉毛がバサバサに生え散らかっていました。

 

さすがにそのまま出勤する訳にもいかないので、最終日は眉毛や鼻の下、顔周りの髪の毛を久し振りに切ったり剃ったりして過ごしました。

 

終わってみて、諸々のモチベーションは変わりませんでしたが、やっぱりスッキリしますし、そんな鏡の中の自分を見てナルシシズムに浸るのも楽しいです。嗚呼、今日も私は美しい…

 

楽しいですね。

スコーンを作りました

買い置きのホットケーキミックスで、スコーンを作りました。

 

ホットケーキミックスと牛乳少量とバターを混ぜて、予熱したオーブンで焼くだけ。ブログを始めてから今まで、3回ほど焼き菓子を作っていますが、一番簡単なレシピでした。

f:id:saitouminoru:20200502143428j:plain

これまで「焼き菓子は難しい、どうせ上手くできない」と思っていましたが、実際に簡単なものを作っていく中で、段々焼き菓子作りへのイメージが良くなってきています。

あと、この日は何かめんどくさかったので型抜きもせず、纏めた生地を適当に切り分けて焼きました。お菓子作りからは、「ちゃんとしてないけど別にいいや」という適度に肩の力を抜ける寛容さみたいなものも得られるのかもしれません。

久しぶりに勉強しました

新しい職場で使う道具のマニュアルを覚えるべく、数年ぶりにまともに勉強しました。私は書くことで覚えるタイプなので、とりあえずマニュアルを読みつつノートに書き写しました。つまり写経です。

 

結果、マニュアルは頭に何となく入ってくれていますが、集中力が続きません。1時間に1回くらい気分転換しないと続かないので、今日は筋トレしてみました。

あと気が散りやすいので、静かであるとか視界に邪魔なものが入らないとか、そういう環境調整も大事です。

そして作業速度が他の人よりゆっくりめなので、1回や1日にこなせる作業量もそんなに多くありません。

 

歳を重ねて、ようやく自分のダメなところを言葉にできるようになりましたが、改めて学生時代は1人になれる場所で勉強すればよかったと思いました。

満員の自習室より、自室とか放課後の空き教室とか人気の無い場所で耳栓なりイヤーマフをつけて勉強する方が、今思うと遥かに向いてました。

作業量管理はリストを作るなりして、そうなると時間も他の人より必要だから、部活も入らない方が良かったと思います。

私は当時、今よりもっと自己評価が低くて、運動能力という拠り所とか、親に怒られるのが嫌で合わない部活を嫌々やり続けたけれど、同じお金をかけて運動するだけなら習い事や地域のサークルレベルで週数回に抑えても良かった。当時は学校や家のストレスも今以上に多くて視野が狭かったから、外部でスポーツするなんて選択肢に結局辿り着かなかったし、対人恐怖も今よりずっと振り切れていたから、他人に相談もできなかったけれど。

 

そんな後悔はさておき今のマニュアルですが、とにかく毎日地道に写経を続けていこうと思います。あまり長時間続けすぎず、ほどほどに休みながら、とにかく回数を繰り返せば覚えられると信じて。私、このコロナ期間が明けたら早く使える人材になるんだ…